国際人材交流事業

京進の国際人材交流事業部では、優秀な外国人と日本の企業をつなぐことを目的に、日本と海外を結ぶ架け橋となる人材の育成や体制作りに力を注いでいます。外国人看護師の日本の病院への紹介や、IT技術者の日本企業への紹介を中心に、優秀な能力を持つ外国人人材が日本や母国で活躍できるよう、育成や支援を行う仕組みづくりをしています。

看護師プログラム

中国・アジアにおいて看護系大学・看護系専門学校を卒業し、今後日本での活躍を夢見る外国人看護師に対して、日本の医療機関で看護師として活躍するプロセスを支援します。

1.京進は現地提携先の大学・専門機関と協力して、中国人の看護学生へ日本語教育を行うとともに、日本への留学後の日本語教育及び国家試 験対策によって日本の看護師資格までの教育を行います。

2.日本の医療機関様は、中国での面接及び面接合格者への仮内定通知の後、日本に留学した看護師候補生が日本の看護師資格に合格すれば、 その人材を正式に雇い入れる契約をしていただきます。留学のための渡航費など初期費用、日本語学習のための学費(月額・有期限)は奨学金として貸与していただきます。奨学金は入職後の賃金より返済が始まる仕組みで、入職した医療機関にて3年以上、規則に従って就業することを条件としています。

3.日本の医療機関様には入職後は、留学期間中から信頼関係を築いてきた京進のスタッフが、看護師の仕事や日本での生活面についてヒアリングを行い、アドバイスや指導を3年間継続して行います。

中国でのモデルケース

ステップ1

●京進と現地看護系大学・教育機関が連携して、プログラム参加希望者を募ります。
●看護師系大学教育機関を卒業し、看護師資格を有する候補生が日本の京進グループ日本語学校などに留学し、最終的には日本の看護師国家資格を取得できるレベルの者を対象として選考します。

ステップ2

●日本語能力試験N2以上取得までの期間は、中国にて日本語学習を行います。
●中国での看護師資格が取得できない候補生は、この期間に日本語を学習しながら、看護実習と母国の看護師資格取得に取り組みます。

ステップ3

●中国で日本語能力試験N2以上と看護師資格を取得した候補生は日本に留学ビザで来日し、日本語能力試験N1(取得者はより高いレベルへの日本語力向上)及び看護師国家資格取得を目指します。

●日本で入職できるまでの1~2年の間は、医療機関様による貸付型奨学金の支給を受けながら、生活費を確保するため、看護助手などとしてのアルバイトをお願いしています。

■中国国内での展開・活動事例

2016年、国際人材交流事業部では看護師人材のプログラムを数多く実施しております。

これまでの実績
河北省 国立職業系大学看護学科での特別カリキュラム
江西省 本科大学看護学部での特別育成クラス
江西省 国立総合専科大学看護学部での特別育成クラス
江西省 国立職業系専科大学看護学科での特別カリキュラム
吉林省 国立総合本科大学での特別カリキュラム
寧夏回族自治区 対外経済協力、国立医学・看護大学での特別カリキュラム
甘粛省 人民政府職業センター
四川省 海外人材派遣センター
広東省 日本語学校 日本就職クラス
陝西省 国立職業専科大学看護学科での特別カリキュラム

等々

外国人介護人材教育プログラム

新しい技能実習制度を通じて毎年常勤職員の5%、3年間で計15%まで、計画的に外国人介護人材を採用することが可能です。組合は技能実習生の対象者を、ホスピタリティに溢れた、志の高い人材を事前面接で選抜しています。貴院は選抜された人材を、中国やベトナムをはじめとした現地で直接面接したうえで採用することができます。

外国人人材の特色(中国の場合)

  • 労働意欲
    日本で働きたい意欲に溢れ、困難に立ち向かう力が強い
  • 漢字文化圏
    他の諸国と違い、漢字の理解力が非常に高い
  • 日本への理解
    昨今の来日増加により日本に対する印象が良くなり、憧れを持っています
技能実習制度を利用した採用のメリット
  • 毎年計画的にまとまった人数の採用ができる
    年間で、常勤職員数の5%まで採用が可能
    ※常勤職員数とは受入施設における雇用保険加入者(パート含む)で、主たる業務が介護業務であることとする
    ※一人の採用期間は3年間(最長5年となる法改正が議論されています)
  • 短い期間で面接から採用までの手続きを進められる
    面接、教育から入職まで約1年
外国人介護人材採用の費用一例
①技能実習生採用にかかる費用
現地国での1か月集合講習費用 1人あたり約3.5万円
受入時費用
①入国・帰国費用 航空券など
②1か月の集合講習費用、宿泊費用、実習生の手当
1人あたり約35万円(税別)
管理費 毎月1人あたり3.5万円(税別)
その他 3年間で約5万円(税別)
②その他
組合 出資金、年会費
国際研修協力機構(JITCO) 賛助会員年会費5万円(非課税)

※金額は目安です

 

医療機関様・介護施設様 受入にあたっての必要事項

  1. 組合への加入
  2. 現地での面接
  3. 受入実習生との雇用契約の締結
  4. 適正な賃金での雇用
日本語能力について

これまでの技能実習生の業務分野は製造業や建築、農業などが主であり、日本語は最低限でそれほど高い能力は必要とされていませんでした。しかし、介護業務については利用者様と直接対応し、記録も必要ですので相応の日本語能力が必要です。京進では日本語教育プログラムを準備して任意で受託を受けています。

 

京進の日本語教育プログラム

現地での日本語教育の一例

日本語教育(1,500時間)及び専門教育を実施します。日本語教育の経験豊かな日本人専門講師を中心に授業を実施。教育開始時は初心者
レベルですが、本プログラムを通じてN4レベル~N3レベルまで引き上げます。

京進の強みと安心

日本国内主要都市での質の高い日本語教育の実施

当社では豊富な教育ノウハウを取り入れた日本語学校を日本国内で運営し、看護候補生の国家試験合格を目指した日本語能力向上に取り組んでいます。
2016年現在、東京・京都で一般の外国人留学生と共に日本語教育を実施しており、国家資格の受験資格要件であるN1により短期間で合格できるよう選任の日本語教師が担当しています。

 

外国人人材は京進国際人材交流事業部へお問合せください

お問合せ先(国際人材交流事業部)
京進本社内 TEL:075-342-5075