Entry

働く環境

Work Environment

京進では、より良い労働環境を意識して、
アンケートや面接により
常に従業員の要望を把握し改善を図っています。

経営幹部による社員面談

毎年、社長を含む部長以上の経営幹部が、全事業所を回り、全社員・事務スタッフと1:1で面談を実施しています。
*1人の経営幹部につき平均50名以上が対象となり、新入社員や非常勤職員が社長と面談することもあります。
面談シートには、経営方針への意見や会社への提案などを記載する欄も設けてあり、経営の品質を担保するための重要な制度となっています。

2013年度 関西経営品質賞 優秀賞受賞 「自立できる人の育成」を柱に生徒の学力向上と夢の実現のサポートしている点を評価いただきました。Potential Kansai Quality Award

株式会社京進は、2013年度関西経営品質賞優秀賞を受賞しました。
関西経営品質賞とは、「“良い経営”を通じて関西から世界に誇る企業・組織を輩出する」ことを使命として創設されました。関西のあらゆる組織にとって、お客様を基準とした経営革新を果たしていくための動機づけとなるよう、(公財)関西生産性本部に属する関西経営品質協議会が、経営革新に取り組み優れた業績を挙げている組織を表彰する制度です。

優秀賞受賞理由について詳しく見る

週休二日制・年間休日123日

教育業界で先駆けて週休2日制を導入しました。
また、夏期休暇、年末年始休暇などを含め年間休日を123日としております。それは自立型人材の育成を目指す京進では、社員自らが自己啓発に取り組めるよう、十分な休日が必要であると考えているからです。

JWS ホワイト企業アワード受賞企業2016

ホワイト企業アワード ダイバーシティ部門賞 受賞

一般財団法人日本次世代企業普及機構 第1回ホワイト企業アワード西日本表彰式にてホワイト企業アワードダイバーシティ部門賞を受賞しました。
ホワイト企業とは、単なる働きやすさの充実にとどまらず、次世代に残すべき企業、残る企業の特徴として、「適正な利益・成長」「お客様からの信頼」「従業員満足度」の3要素によって構成される新しい指標です。

ダイバーシティーの推進

新卒採用、中途採用等、創業時より男女差別のない雇用と昇進機会の確保を進めています。
京進では、育児時短勤務の「小1の壁」を改善するために育児時短勤務を最大で小学校を卒業するまでに延長するなど法定を上回る制度の見直しを行っています。
また、業務の特性上、夜型の勤務形態の社員が大多数を占めることから、結婚・出産後の継続勤務が大きな課題であり、保育事業など継続勤務が可能な業態の展開を行い、職場開発にも取り組んでいます。
*保育士資格取得援助制度(2015年~)により、資格取得費用の全額援助を行っています。

2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
女性の育児休業制度
利用者数
100% 100% 100% 100%
(4名/4名)
男性の育児休業制度
利用者数
68.0% 61.9% 61.9% 68.0%
(17名/25名)
育児休業からの
女性社員の復職率
100%
(4名/4名)
66.7%
(2名/3名)
100%
(4名/4名)
85.7%
(6名/7名)

ダイバーシティの取り組みについて詳しく見る

女性活躍認証企業 Shiga

滋賀県女性活躍推進企業認証制度 二つ星認証(☆☆)

京進は、「滋賀県女性活躍推進企業認証制度」において、「二つ星企業(☆☆)」の認証を受けました。
まだまだ具体的な取り組みとしては第一歩を踏み出した状態ですが、さらに上の「三つ星企業(☆☆☆)」の認証を受けることが出来るように女性が限界を設けず、「絶えざる革新」でチャレンジし、活躍できる風土醸成のため、積極的な取り組みを継続してまいります。

次世代認定マーク(くるみん)の取得

京進は、労働局長認定の次世代認定マーク(通称:くるみん)を取得いたしました。
男女問わず、子育て参加できるよう所定外労働の削減や育児サポート休暇(有給休暇推奨日)を設け、有給休暇の取得推進に取り組んでいます。