Entry

先輩社員の声

Voice

京進で活躍している先輩社員にインタビューし、
様々な話を聞きました。

教務職 高校部 / 2014年度入社
松岡 祥太

 高校部教務職は毎日1コマの120分授業を担当します。入社時は高1のみでしたが、現在は高1~高3の受験クラスまで担当しています。
 現代の高校生は、学校や部活に忙しく勉強との両立が難しく感じるものですが「学校の授業がわかるようになった!」「成績が上がった!」「塾に来るのが楽しい!」などプラスの理由が多ければ継続して通塾してくれるものです。授業準備の徹底はもちろんですが、授業以外での会話も工夫して生徒との距離が近くなりようにしています。
 全社表彰式で「信頼できる先生」として表彰されることを目標に、教務職としての仕事を追求していきます。

管理職 小中部 校長 / 2011年入社
若谷 志保

 教務職として小中学生の文系科目を担当しています。また現在は校長として校運営にも携わり、ご家庭に信頼される校作りに励んでいます。
 子供のころから人に何かを教えることが大好きで、よく友達に色んなことを教えて遊んでいました。ですから、『先生』になったのはすごく自然な流れでした。だだ『自分の頑張りが目に見える客観的な評価をされたい。』との思いが強く『学校の先生』では無く、『塾の先生』を選びました。京進への入社を決めた理由は『全従業員の物心両面の豊かさを追求する』という経営理念に惹かれたからです。就職活動を通じて多くの企業に触れる機会がありましたが、経営理念はどれも似通ったものが多い中、京進のこの言葉は心に刺さりました。私も同様に『これからの時代は社員の心の豊かさが会社の発展の鍵になる。』と考え、実行をしていきたいです。

教務専門職 高校部 専門職 / 2007年入社
岸田 知樹

 教務職英語科職員として、主に受験英語を担当しています。私立大学クラスを歴任し、現在は国公立大学クラスを担当。英語科全体としては教科長を拝命しています。大学受験という人生を大きく決定付ける場面で、変化し続ける子ども達に関わることができるのがこの仕事のやりがいです。
 大学受験に対し「予備校」としてではなく、「学習塾」という形でかかわることができる場所はそれほど多くありません。人生決定の大きな一場面で生徒たちは夢を発見し、その実現にむけた過程の中で大きく変化し続けます。「先生がいてくれたから自分は変われた」と言ってもらうと、自分にしかできないことをやったのだと誇らしく感じられます。ひとりひとりと深い絆を結び、その変化に気付き見届けること。生じた変化に責任を負う覚悟で毎日の授業や生徒対応に臨んでいます。

教務専門職 教務力向上指導センター
センター長 / 1994年入社

廣田 稔

 教務力向上指導センターで教務職の指導にあたっています。京進の「授業力」その品質を高めることが我々のミッションです。
 どうすれば“生徒にとってより魅力的な授業”を行えるのか、理論やノウハウを研修の場で伝えると同時に、ひとりひとりに応じたアドバイスや指導を行い、授業力アップに向けてサポートしています。足りない授業スキルを身に付けるために練習を繰り返すことはもちろん必要ですが、今“出来ていること”に目を向け強化することで、見違えるほど授業が上手くなる人がいます。成長し授業に自信を持ち始める職員の姿は、我々にとって何物にも代えがたい喜びです。

運営職 個別指導部 / 2012年入社
菊池 仁美

 スクール・ワンの教室には小1~高3までの幅広い生徒が通ってくれています。生徒たちの目標実現に向けて、講師の先生方と日々相談し、考えて行動に移すというのが基本的な仕事の流れです。
 教室長として、生徒たちが楽しく通ってもらえるように、色々なイベントを企画し実施しています。その際、上司から丁寧なサポートもあり、自分自身も日々成長できています。また、生徒ひとりひとりが夢実現のために成長していく姿も身近で見ることができ、やりがいをもって毎日楽しく仕事をしています!

運営職 英会話事業部 / 2015年入社
川口 ふき穂

 教育業なので授業の充実はもちろんのこと、ご家庭に満足してお通いいただけるようホスピタリティの精神を忘れないようにしています。季節ごとにスクールのデコレーションをアレンジしたり、スタッフ全員が笑顔でお迎えをしたりと、教室に来て笑顔になってもらえる明るい雰囲気作りを常に心がけています。
 小学校での英語教育が義務化となり英語の4技能全てが重要視される中、幼少期からの英語学習はますます注目されています。子どもたちに英語の楽しさを知ってもらい、将来国際社会へ飛び立つための成長に関われることは社会貢献になっていると、とてもやりがいを感じます。     

管理職 保育事業部 園長 / 2004年入社
辻 景子

 個別指導部の運営職として入社後、結婚・出産・育児休暇を経て職場復帰しました。勤務時間が昼型の保育事業部に異動し、現在は3人の子育てをしながら、園長職を拝命しています。
 保育園のHOPPAでは、「知育」や「English」を含む一日の流れ、年間行事など、どうすれば子どもたちがあらゆる面から楽しんで成長できるのかを考えて運営全般にあたっています。スタッフは皆オープンな関係なので日々意見交換して園の向上に努めています。子どもたちの気持ちや個性を大切にしながら、HOPPAにしかない価値の提供でしっかりと学ばせ成長させたい。ひとつひとつできることが増えていく子どもたちの、嬉しそうな笑顔に毎日癒されています。

管理職 英会話事業部 ブロック長 / 2005年入社
橋本 真吾

 『京進ユニバーサルキャンパス』の運営業務にあたるマネージャー職を経て、ブロック長として新規開校のサポートや校運営アドバイスを行っています。
 授業を担当するのは外国人のネイティブ講師ですので、様々な国の人と、同じ目標、目的を持って仕事ができる、刺激的な職場です。国が違うと文化、風習、習慣、価値観などが違いますので、『以心伝心』という概念が通用しません。そこがまたこの仕事の面白みです。
 2011年まではたった3校だった『京進ユニバーサルキャンパス』も、新規開校を重ね、今では17校となりました。今後はますます校数やエリアを拡大し、学習塾部門に並び立つ存在にしていくことが目標です。

管理職 開発部 部長 / 2003年入社
井上 雄介

 入社して、個別指導の直営教室で現場経験を積んだ後に、個別指導のフランチャイズ事業の部門へ異動となり、フランチャイズ教室の加盟店指導や加盟店開発の仕事を経験しました。
現在は、開発部で多岐に渡る業態の事業拡大実現に向けて、出店エリアの調査、立地選定や開発施工に関する業務に携わっています。今の仕事は、通学者や入居者などと直に接する機会はありませんが、京進の各施設の利用者の皆様が安全かつ快適に安心して利用できることを最優先に考え、常日頃の仕事に取り組んでいます。各部署の社員を含む職員や利用者の方々の「笑顔」が増えること。この実感がやりがいです。
これまで3つの部署を経験していますが、入社以来経験してきた全ての仕事が、今の仕事にも役立っています。会社の事業領域が広がる中で、自己成長が続けられる事にも感謝しています。

事務職 人事部 主任 / 2012年入社
髙橋 晴香

 個別指導部運営職として新卒入社し、副教室長・教室長として現場経験を経て、人事部人材開発課へ異動してきました。
既存の学習塾事業の成長、新規事業の拡大のためには、「人材確保・育成」が不可欠です。人材開発課はその窓口となる部署で、私は主に新卒採用・研修を担当しています。選考、研修などの準備から当日の進行、そしてアフターフォローまですべて行います。表に立って話す場面もありますが、どちらかというと、裏方でする細かい業務の方が多いですね。人材開発課のひとつひとつの仕事は、社内外問わず、幅広い方々の仕事につながっているため、迅速・丁寧・正確な対応が求められます。
 一番心がけていることは、現場時代と変わらず、常に「ひとりひとりを大切にすること」。今は、新入社員の素晴らしい成長と多くの笑顔が、やりがいです。今後も、ひとりひとりの未来のために全力でサポートし、日本一の人材開発課を目指していきたいです。

事務職 総務部 係長 / 2000年入社
石塚 紀行

 2000年に京進へ入社し、個別指導部を経て現在は総務課でお世話になっています。(現場14年・総務3年です)
 総務課の仕事は多岐に渡るのですが、①「卓越した安全・安心」の推進役②現場職員の方が「より便利に、より気持ちよく」仕事ができるようにするための支援者であることを常に意識して取り組んでいます。そういう意味では私たちのお客様はエンドユーザーの生徒・保護者だけでなく現場の職員の方々でもあると考えています。現場の方の「困った!」に迅速に丁寧に(先読みをして)対応することで、安心して顧客対応に専念できる環境づくりを今後も追求していきたいと思います。
 その為には社外のビジネスパートナーとの協力体制も欠かせません。京進と一緒に仕事が出来て良かった、と思って頂けるような関係性の向上にも取り組んでいます。結果として京進で学ぶ生徒さんの学習環境の向上に繋がっていると実感できることが一番のやりがいです。

管理職 経営企画部 課長 / 1997年入社
森崎 恵理子

 経営企画部で、大きくは二つの業務を担当しています。一つは会長、社長の秘書業務。来客対応やアポイントメントの調整や書類作成が中心です。もう一つは企画課の中でIR活動やブランディングの担当として決算短信の作成や株主通信の発行など企業活動を株主様や世の中の皆様に知っていただく広報的な仕事です。
 女性が就職する場合にはどうしても「仕事と結婚、出産、育児との両立」が壁になってくることが多いと思います。私は2度の育児休暇をとり、そして現在は子供が小さいため『時間短縮勤務』を活用しています。自分の経験からも京進は出産・育児をする父母に対しての許容度が高い企業だと言えますね。制度があるだけではなく働く仲間たちがとても好意的なので本当に感謝をしています。
今後も、経営企画部の管理職として、ワークライフバランスを大切にしながら、チームで助け合って仕事をしていきたいと思います。