安全を重視した設備環境

安全のための設備強化

電子錠システム

全校舎電子錠システムで、常時施錠体制を確立しています。校舎・教室への不審者の侵入を防いでいます。

モニターカメラ

各校舎・教室にはモニタ―カメラを設置し、教室内の様子をチェックしています。また、職員が巡回し、教室の状況を確認しています。

教室の施錠体制

全ての教室は、内側から施錠できないようにしており、教室内が密室になることを防止しています。

巡回点検

設備に関する担当者が、安全の視点からの施設・設備点検を行い修繕を進めています。

1-2-4電子錠k-1-2-2モニターカメラ

安心して学べる校運営

運営管理責任者

生徒在校時には、各校舎に「運営管理責任者」が常時いる体制をとっています。運営管理責任者が校舎の安全面を監視しています。

防火管理者

各校舎に「防火管理者」を配置。備品類・安全装置等をチェックし、火事などの災害時の避難体制を整備しています。

鍵管理制度

鍵管理制度を運用し、各校舎の施錠の管理を徹底しています。

教室使用ボード

集合型学習塾は、各教室の使用状況を「教室使用ボード」で随時確認しています。

名札の着用

従業員は全員、一目で部外者との区別ができるように名札を必ず着用しています。

緊急時の対応

避難経路の明示

各校舎周辺の緊急時の避難場所MAPを作成し、校舎に明示しております。地震を含めた災害などに備えて生徒への指導を行っています。

防犯・防災訓練

警察や消防署にご協力いただき、防犯・防災訓練を実施しています。また「不審者対応マニュアル」や「防犯訓練実施マニュアル」等を整備して訓練に活かしています。

救命・救急研修

救命救急に関する研修を全社的に実施しています。

緊急連絡体制

緊急時にご家庭とすぐに連絡が取れる体制をとっています。