校舎検索 navi
2020/3/4

<新中1生へ> 継続して勉強する・しないの学力差

洛星中学生に起こりうる学力差

洛星新中1生のみなさん、保護者の皆様、こんにちは。
今月末には登校日がありますね。
洛星中学の制服に袖を通し、待ちに待った洛星中学生となるわけです。
新中1生のみなさんは、期待と不安に胸膨らませているのでは、と思います。

さて、これまで洛星中学生として意識しておくべきことをいろいろと
お伝えしてきました。
今回で、一旦、新中学1年生向けの情報発信は、最後となります。
今回は、意識しておくべき学力差についてお伝えしたいと思います。

学力をつけるために、塾に行かずに、自分で予習・復習ができれば、
一番いいことです。
しかし、実際はそうではなく、予習はもちろん、復習することが
厳しいこともよく見受けられます。

特に、中学受験で塾などを利用し、半ば強制的に、勉強をしてきた人は、
その縛りがなくなるため、自分で予習・復習をするのに、
何をしたらいいのかわからずに日々を送ることになりやすいです。

次の図をご覧ください。



しっかりと予習・復習をして、日々継続して勉強できる人は、上位をキープできます。

しかし、予習・復習の仕方が分からない人は、日々の勉強はもちろん、勉強するべき時、
例えば、小テストの勉強定期テスト前の勉強などの時に意識ができず
また、具体的な行動ができないため、結果、少しずつ学力差が生じることとなります。

残念なことに、このついてしまった学力差は、お子様や保護者様は中々気づきません

なぜなら、よくあることですが、悪かったテストに対して、お子様は
「今日はテストがあるのを忘れていて勉強していなかったから、点数が悪かった。」とか
「ちゃんと勉強すれば、点数は取れるから、大丈夫。」ということを言い訳します。
それを信じて、お子様はもちろん、保護者様も「次回はできるだろう。」と
期待してしまうからです。
(※このような言い訳をする場合、次回でも同じことを繰り返すことが多く見受けられます。)

さて、上の図でも説明していますが、大切なのは日々継続して勉強することです。
勉強ができなければ、差が開く一方です。
差が開いたことに気づき、そこから改善し、追い上げることができればいいのですが、
大抵は間に合わず大学受験を迎えることになります。

そのようにならないためにも、中学受験ほど強制的ではなくても、ある程度
勉強をさせておく必要があります。
苦労するのは、お子様で、後悔するのは、保護者様という状況は、洛星中学でも
変わらないものです。

いかがでしたでしょうか。
最終回ということもあり、少し不安を感じられる内容となりました。
しかし、今回お伝えした内容は、私たち職員がよく目にしてきた、
また、目にしている光景です。

TOPΣ白梅町校では、お子様が苦労されず、保護者様が後悔されないものを
提供しております。
学校生活が始まり、それに慣れてから環境を変えることがお子様の苦労の始まり
かもしれません。
余裕のあるこの時期だからこそ、いろいろと考えて下されば、と思います。

《気になることがございましたら、お気軽に校舎までお問い合わせ下さい。》


お子様が苦労されず、保護者様が後悔されないものの一つが、無料のスタートアップ講座です。
英語・数学各3回ご受講してみてください。
(イチオシは、英語の2回目の筆記体数学3回の図形の授業!!)

スタートアップ講座の詳細は、下のリンク先をご覧ください。
  → https://www.kyoshin.co.jp/high/schooldetail/446/news/91701/

まずはお気軽に校舎までお問合わせ下さい!

京進高校部 TOPΣ京進 白梅町校

トップシグマハクバイチョウコウ

その他校舎を探す

EVENT & CAMPAIGN京進高校部のイベント・キャンペーン情報をご案内します。

校舎検索トップへ戻る

ご希望の校舎へお気軽にお問合せください!

幼児教育|幼児・小学生〜社会人|京進ぷれわん クラス指導(小・中学生)|小学生・中学生|京進小中部 クラス指導(高校生)|高校生|京進高校部 個別指導|小学生・中学生・高校生|京進スクール・ワン 英会話|幼児小学生・中高生・社会人|ユニバーサルキャンパス 京進e予備校@will|アットウィル Net学習e-DES|イーデス
京進