校舎検索 navi

堀川高(探究) 合格

東大寺学園高・花園高(特進A) 合格

関屋 壮一朗さん

部活に入っていたので、受験勉強に力を入れ始めたのは夏期講習から

僕は野球部に入っていたので、練習や試合などがあり、勉強時間が限られていました。
そこで、毎日勉強する時間を作るためにリーチング学習手帳を使うようにしました。それで中1のときは5科目480点を取れていたのですが、中2になって部活の方が忙しくなると手帳に勉強予定が書けなくなり、勉強しない日も多くなってきました。すると、勉強への意欲も低くなり、時間があるときでも勉強せずに他のことをしていたり、友だちと遊びに行ったりしてしまいました。それでも中2のときは、統一テストでも上位10人くらいに入っていたので、すっかり油断をしていました。

しかし、中3の第1回統一テストで50位くらいに一気に下がってしまったので、とてもびっくりしました。「勉強しなければ」と思う一方、中3の最後の夏の大会までは部活も頑張りたいと思っていました。

ですので、本格的に受験勉強に力を入れ始めたのは、部活を引退した夏期講習からです。とはいえ、前期日曜特訓を受講し、試合が終わったら試合会場から日特に向かうなど、少しずつ努力はしていました。でも、周りはもっと勉強していたので、夏期講習では遅れを取り戻すために必死でした。英語は1日1題、長文を音読することを手帳に書いたり、暗記すべき科目の暗記が必要な事柄は暗記に努めました。

できなかった問題は別のノートに解き直して、解き方を覚えた!

そして、秋からは赤本にも取り組むようにしました。
堀川は英語と数学で得点しようと思って、英語と数学は何回も何回も解き直しました。
できなかった問題や間違った問題は別のノートに解き直して解き方を覚えるようにしました。

また点数も解いた年度ごとに書いて、どの年度はできていないかを確認して復習しましたが、
堀川の問題は普通に解いていては終わらないので、必ず時間を計って、どの問題にどれくらいの時間をかけるか作戦を立てるようにしました。

忙しいときほど、リーチング学習手帳は計画的に勉強するために役立つ

合格してみて思うのはもっと早くから赤本に取り組んでおけばよかったということです。
そして、中1のときにせっかくリーチング学習手帳を使っていたのだから中2でだらけることなくずっと使い続けていればもっと勉強がはかどって中3になってから慌てることはなかったと思っています。
来年受験する人は忙しいときほど手帳は計画的に勉強できる道具になると思うので、しっかり手帳を使って勉強した方がいいと思います。

僕が無事に合格できたのは京進の先生方のおかげです。特に校長先生には本当にお世話になりました。
成績が上がっていたときは、「堀川だけでなく東大寺も目指せるから頑張ろう」と励ましてくれたし、
成績が悪いときは、「高校受験がゴールではない。人としてのゴールはその先にあるから失敗を恐れずに頑張れ」と言ってもらえてやる気がでました。

また、わからない問題を質問したときは、全部を教えるのではなく、
必ず考える余地を残した教え方をしてくれるので、考えることの大切さを学び、結果、暗記だけでは通用しない堀川の入試問題に通用する力をつけてくれたと思います。先生には本当に感謝しています。
京進で学んだおかげで堀川に合格することができました。先生、ありがとうございました!

関屋さんが受講して良かった講座

ご希望の校舎で、京進の授業を
無料でご体験いただけます!

実際の授業を無料でご体験いただけます。
校舎見学・学習相談にも応じております。
ご希望の校舎までお申込みください!

校舎検索トップへ戻る

ご希望の校舎へお気軽にお問合せください!

無料体験授業
校舎見学
資料請求
幼児教育|幼児・小学生〜社会人|京進ぷれわん クラス指導(小・中学生)|小学生・中学生|京進小中部 クラス指導(高校生)|高校生|京進高校部 個別指導|小学生・中学生・高校生|京進スクール・ワン 英会話|幼児小学生・中高生・社会人|ユニバーサルキャンパス 京進e予備校@will|アットウィル Net学習e-DES|イーデス
京進