ホーム

11月 覚えましょう編「七五三」

秋の覚えましょう上部
行事 = 七五三・お月見
生き物 = コオロギ・スズムシ・バッタ・トンボ
植物 = コスモス・ススキ・もみじいちょう・ キク・キキョウ
食べ物 = さつまいも・くり・かき・ぶどう
秋にすること = いもほり・いねかり・くりひろい

秋のもの(七五三)

11月15日は七五三です。七五三は、三歳(男の子と女の子)、五歳(男の子)、七歳(女の子)の成長を神社などでお参りをして祝う日です。古くからの風習である三歳の「髪置(かみおき)」、五歳の「袴着(はかまぎ)」、七歳の「帯解(おびとき)」に由来すると言われています。現在のように、盛大にお祝いするようになったのは江戸時代からのことで、五代将軍徳川綱吉が息子の健康を盛大に祈願したことから広まったとされています。
七五三のお祝いには、千歳飴が配られます。千歳飴は、子どもへの長寿の願いを込めて、細く長くなっており、縁起がよいとされる紅白の色が多いです。また、千歳飴は、鶴亀や松竹梅などの縁起のよい絵の描かれた千歳飴袋に入れられています。この時期だけのものですので、是非お子様が実物を見る機会をつくっていただけたらと思います。


お問合せ、資料請求、
無料体験授業
お申込みは
こちら!