ホーム

12月 覚えましょう編「冬至」

winter

行事 = クリスマス・お正月(餅つき・羽つき・凧揚げ)・節分
食べ物 = 大根・白菜
生き物 = 鶴・白鳥
植物 = シクラメン・スイセン・梅

冬のもの(冬至)

12月22日は冬至です。太陽が軌道上の最も南に来るときで、夏至と反対に、夜が最も長く、昼が短い日。
日本には冬至の日に、柚子湯に入るという習慣があります。柚子湯は柚子の果実全体または果皮を布袋に入れて湯船に浮かべて作ります。柚子は血液の流れをよくする働きがあると言われ、古くより、風邪の予防になると伝承されてきました。香辛料などに使われますが、お子様には馴染みの薄いものかと思います。爽やかな柚子の香りを楽しんで、柚子湯を体験していただけたらと思います。
また、冬至にかぼちゃを食べる風習があり、この日にかぼちゃを食べると魔除けになり、風邪を引かないと言われています。


お問合せ、資料請求、
無料体験授業
お申込みは
こちら!