Entry

人材育成

Personnel Training

ひとりひとりが成長するとともに
繋がりを持って育成することが
企業としての京進の成長につながります。

研修

新入社員研修・新入社員フォローアップ制度

新入社員研修

内定者研修、入社時研修に加えて年間を通して新入社員の成長を促す研修を約1年間に渡り実施しています。

BS(Brother&Sister)制度

新入社員に対して先輩社員がメンタル・スキル両面からサポートする制度です。
後輩社員をフォローすることでリーダーとしての資質を更に磨きます。

その他全社的研修制度

学習指導力を
向上するための研修

教務研修
授業スキル研修 等

マネジメント力を
向上するための研修

校長・教室長候補研修
新管理職研修 等

自立したリーダーを
育成するための研修

MBA研修・JQA研修
ミドルマネージャー研修
次世代リーダー研修

新卒1年目定着率
2014年度:95% / 2015年度:100% / 2016年度:100%

評価制度

表彰制度

年間を通じて優秀な取り組み、優秀な結果を収めた従業員・事業所を表彰する制度です。 受賞者には、自己啓発について援助を行うだけでなく、プロの記者による取材を受けていただき、その記事を社内報に掲載することで、優秀な活動の横展開を図っています。
全職員が参加するかたちでの盛大な式典を京進社員によるプロジェクトで運営されており、全社を通じてのモチベーション向上の機会となっております。

Topics

2016年度 社員研修旅行での表彰式

当社は拠点数が多く、全職員が一堂に会する機会がほとんどありませんので、非常に大切な研修と位置づけております。今年のテーマは“心ひとつに”。新たな試みであるチームアクティビティを取り入れ、表彰式、懇親会を通して、同じ組織価値観の基で働く仲間が言葉を交わし合い、称賛し合い、全職員の心がひとつになった2日間となりました。
表彰式は、2015年度における素晴らしい活動を全職員で称賛し合い、今年度もまた、社会に貢献できる活動を行っていくことを決意する機会として、大々的にとり行っています。生徒や保護者の皆様、京進に関わっていただいている皆様からのメッセージをたくさんいただき、非常に感動的な表彰式となりました。
自分一人で生きているのではありません。多くの人に支えられて生かされているのです。お互いに相手を知り、敬意を持ち、感謝し合うことが何よりも重要です。

社員育成の三本柱

JQA「経営品質向上プログラム」

経営品質向上4つの基本理念「顧客本位 独自能力 社員重視 社会との調和」ひとりひとりを大切に

当社では、経営革新の世界水準といわれる米国『マルコムボルドリッジ国家品質賞』の日本バージョンである「経営品質向上プログラム」に取り組んでいます。 このプログラムは「顧客本位」「独自能力」「社員重視」「社会との調和」を4つの基本理念としており、自分達の組織が目指す「ありたい理想の姿」に向けて、全社最適の視点で、組織を自己評価(セルフアセスメント)し、工夫と対話で、改善、革新を重ねていきます。

アメーバ経営

アメーバ(小集団)による自立型経営将来経営者の育成「売上最大 経費最小」「時間あたり採算」「管理会計の精緻化」→アメーバ経営システム→「現場創発の風土づくり(部下育成)」「全員参加の経営」「仮説検証による業績の改善・革新」→継続的業績の向上

京セラ株式会社の創業者である稲盛和夫名誉会長の考案した経営手法である『アメーバ経営』を取り入れ、全員参加の経営と現場での改善と工夫をし続ける取り組みを行っています。この取り組みにより、

  1. リーダーが組織を巻き込みリーダーシップを発揮する。
  2. 現場の智恵を結集した創発の組織風土を醸成する。
  3. PDCAサイクルをまわし業務革新を実現する。
  4. 小集団による採算制度を導入し、管理会計の精緻化をはかる。

等を通じて将来の経営者を育成しています。

リーチング

リーチングで身につく7つの力「伝える力」「関わる力」「態度力」「描く力」「シェアする力」「改善する力」「行動する力」

自分で決めた小さな目標を積み重ねることで「自立型人間」を育てる、京進オリジナルのプログラムです。生徒の皆さんを対象に「リーチング授業」を全国の教室で展開し、子どもたちの人間性を育てる教育をしてまいりました。
また、社内においても全社員がリーチングを実践し、社員一人ひとりのレベルアップ、そして組織力の向上に成果をあげています。リーチングを取り入れることによって自分の人生を前向きにし充実した日々を送ると共に、家族や周りの者へ感謝し、よい影響を与える習慣を養うことで他人へ貢献できる人作りも実現したいと考えています。