教室検索 navi

EVENT&CAMPAIGN

個別指導 京進スクール・ワンのイベント・キャンペーン情報をご案内します。

EVENT&CAMPAIGN

個別指導 京進スクール・ワンのイベント・キャンペーン情報をご案内します。

2018/9/27

S1 information【10月】

S1infomation10月

一年の折り返し地点が過ぎました!学校の定期テストや受験に向けての模擬試験も多く、勉強面でも気の抜けない日々が続きます。また、入試の時期は風邪などで体調を崩しやすい時期です。こまめなうがい ・ 手洗いや、十分な睡眠・食事をとり、日頃の体調管理にも気を配りましょう。

入試問題<過去問>を『正しく』活用しよう!

イラスト

受験生のみなさん、いよいよ入試間近です!

受験生のみなさんは、学校や京進の先生から「入試問題を解くことが大切!!」といわれていると思います。これからの受験勉強で大切なのは、入試問題を『正しく』活用することです!

POINT 1:入試問題の演習には「慣らし運転」が必要!

自分の志望校よりも1~2段階、簡単な入試問題からスター トします。
最初は正答率や制限時間にこだわりすきず、入試問題に慣れることが大切です。

POINT 2:志望校の入試問題は最低でも3年分。後半には時間を計って!

第一志望校の入試問題は、最低でも3年分は解きましょう。1年や2年分では傾向が正しく掴めません!また、実際の制限時間内に解くことも大切です。どこに時間が掛かりすぎるのか?など、課題が見えてきます。

POINT 3:過去問にとりかかる時期について・・・

10月の時点で一度解いてみて、分からない問題があればすぐに先生に質問し、解説してもらいましょう!学校の学習範囲が全部終了するまで待っていると、直前まで入試問題に手がつけられません!!入試までに志望校の入試問題を最低3年分~5年分、 2回ずつは解けるように計画を立てましょう。

 

受験生対象<小6・中3・高3>『実戦トライアル』教室にて受付中!

『実戦トライアル』は、時間を計ってテストを行った後、【完全1対1の個別指導】で解説授業を受ける、受験生向けの特別講座です。 入試で点数を取るためのテクニックを伝授します!!
※教室により実施は異なります。詳細は各教室よりご案内いたします。

テスト  

テスト演習にこだわります

演習ポイント

同じことを何度も繰り返して覚えるより『テストで使う』ほうが長く記憶に残ることは、ハーバード大学の実験でも明らかになっています。脳は「何度も入ってくるから」ではなく「何度も使うなら覚えなければ!」 と情報を選んで記憶するのです!
(※池谷裕二先生の講演より)

1対1解説授業

演習ポイント2

【小6】
 テスト40分+解説授業40分(1回80分)
【中3】
 テスト40分+解説授業40分(1回80分)
【高3】
 テスト80分+解説授業80分(1回160分)
※テストはご自宅で受けていただくケースがあります。

ひとりひとりの受験校に合わせて対策をします。

高3生は公募制推薦入試に向けたテストも準備しています。

中3生はリスニング対策も可能です。

公立高校入試で大きなウエイトを占めるリスニングは対策必須!

時間内に答案を仕上げる特訓を実施します。

『優先順位をつけて解く』『時間内に解ききる』練習を行います。

解説授業は、完全1対1の個別指導で。

テストで分からなかった問題への 理解を深め、自信につなげます。

 

合格者に聞きました!
『実戦トライアルは役に立ちましたか?』

※教室により実施は異なります。詳細は教室にお問合せください。
※実戦トライアルのみの受講はできません。

 

平成31年1月19・20日実施!大学入試『センター試験』

:本番まであと3ヶ月!『自分はまだまだ』と思っている高1・高2のみなさんも、定期テスト対策がそのまま受験対策につながることを意識し、日々の予習復習をおろそかにしないよう学習を進めましょう!

イラスト

<センター試験に備えよう!先輩からのアドバイス>

①過去問で問題傾向をつかむ!
②課題と目標を明確にする!
③基礎固め最優先!!
④何度も繰り返し問題に取り組むこと!!
※合格体験記より一部抜粋

 

校舎検索トップへ戻る

ご希望の教室へお気軽にお問合せください!

体験授業
教室見学
資料請求
幼児教育|幼児・小学生〜社会人|京進ぷれわん クラス指導(小・中学生)|小学生・中学生|京進小中部 クラス指導(高校生)|高校生|京進高校部 個別指導|小学生・中学生・高校生|京進スクール・ワン 英会話|幼児小学生・中高生・社会人|ユニバーサルキャンパス 京進e予備校@will|アットウィル Net学習e-DES|イーデス
京進