教室検索 navi

京進スクール・ワン

南加木屋駅前教室

ミナミカギヤエキマエキョウシツ

無料体験・資料請求

京進スクール・ワン

南加木屋駅前教室

ミナミカギヤエキマエキョウシツ

無料体験・資料請求

  • 0562-35-5400

教室情報

  • MAP01
  • Google map
  • イラストマップ
教室名 京進スクール・ワン 南加木屋駅前教室
住所 〒477-0032
東海市加木屋町柿畑88番地 早川ビル3F
電話番号 0562-35-5400 0562-35-5400
受付時間 14:00~21:00(土日祝除く)
最寄り駅 名鉄河和線南加木屋駅
アクセス 名鉄河和線南加木屋駅から徒歩1分
サービス
  • 教室の特長
  • フォトギャラリー
  • 開講コース
  • 職員紹介
  • 高校合格者の声
  • 大学合格者の声
  • 指導方針など

    ◆立地
    名前のとおり南加木屋駅前の交差点から南へ徒歩1分。加木屋中、東海南高のお膝元にも位置しています。

    ◆生徒構成
    中学生が一番多いのは他塾と同じですが、次に多いのは高校生、という点が特徴です。

    ◆通学先(含、卒業生の通学先)

    【小学生】
    加木屋、加木屋南、新田、南山、三ツ池

    【中学生】
    大府南、加木屋、滝、東部、南山、富木島、横須賀

    【高校生】
    愛知、阿久比、熱田、大府、大府特別支援、五条、桜台、昭和、椙山女学園、星城、西陵、大同大学大同、知多翔洋、東海南、東海商業、常滑、中村、名古屋西、日本福祉大学付属、半田、半田東、名東、名城大付属、横須賀

    (小中高とも全て、あいうえお順)

    ◆指導方針
    個別指導なので、ひとりひとりの学力・能力・やる気・目標・課題・問題点などを勘案、把握、分析して、指導方針を立てていきます。
    また、自立や自律を促す働きかけをしていきます。端的には、生徒の「不正解」や「解らない」状況に接した講師は、安易に「正解」や「結論」を与えないようにします。ヒントを与えて生徒に考える手がかりを与え、少しでも一歩でも「自力」で答えに近づかせます。

    ◆立て直し
    中・高生ともですが、基礎が弱い場合には、前学年以前に戻って“立て直し”を徹底的に図ります。
    例えば、分数が苦手な中学生には、小学校4年生に戻って分数計算の基礎をやり直す、とか。
    英語のガタガタの高3生には、中学単語(1200語)の総点検と覚え直しからやってもらう、とか。
    同様に国語でも、高3生に中学3年のドリルを使って、ちゃんと内容をつかむ、選択肢一つ一つ吟味する、といった基礎訓練から取り組んでもらう、とか。
    こうした立て直し作業によって、目覚ましい向上を遂げる生徒が毎年たくさん現れます。

    合格実績

    【高校進学実績】
    阿久比高校/普通(複数名)、阿久比高校/国際、大府高校(複数名)、西陵高校、千種高校/国際、大同大学大同高校(推薦)、
    知多翔洋高校(複数名)、東海南高校(複数名)、東海商業高校(複数名)、常滑高校/普通、中村高校名古屋南高校、日本福祉大学付属高校(推薦)、半田高校、半田商業高校、横須賀高校(複数名)、名古屋西高校、名城高校(推薦)、N高校

    ※公立高校に落ちてしまい、(泣く泣く)私立に進学した生徒は一人もいません。

    【大学・学部合格実績】
    ※7割以上の確率で第一志望校に合格しています

    ・愛知大学(法学部)(経済学部)
    ・愛知学院大学(法学部)(経営学部)(総合政策学部)
    ・愛知教育大学(教育学部)
    ・愛知工業大学(工学部)
    ・愛知淑徳大学(健康医療科学部)(人間情報学部)(文学部)(グローバル・コミュニケーション学部)
    ・桜花学園大学(保育学部)
    ・神奈川工科大学(応用バイオ科学部)(工学部)
    ・金沢工業大学(工学部)
    ・岐阜経済大学(経済学部)
    ・金城学院大学(人間科学部)(生活環境学部)(文学部)(生活環境学部)
    ・至学館大学(健康科学部)
    ・椙山女学園大学(生活科学部)(文化情報学部)(人間関係学)(現代マネジメント学部)
    ・大同工業大学(工学部)
    ・中京大学(法学部)(スポーツ科学部) (総合政策学部)
    ・中部大学(工学部)
    ・東海大学(工学部)
    ・東海学園大学(経営学部)
    ・名古屋外国語大学(外国語学部)(現代国際学部)
    ・名古屋学院大学(法学部)(外国語学)(スポーツ健康学部)(リハビリテーション学)
    ・名古屋学芸大学(ヒューマンケア学部)(メディア造形学)
    ・名古屋経済大学(経営学部)
    ・名古屋女子大学(文学部)
    ・名古屋柳城短期大学(保育学部)
    ・日本赤十字豊田看護大学(看護学)
    ・日本福祉大学(経営学部)
    ・名城大学(理工学部)(経営学部)(都市情報学)

    教室長の来歴

    ◆小学生~高校入学
    小学校は、5段階「オール3」。←「よっ、ミスター“並”!」。一転、目標(半田高校へ行きたい)を持ったことが良かったのでしょう、中1の最初のテストで13位(288人中)に!
    話はそれますが、当時、高校受験は公私立とも一校受験。私立は愛知高校を受験し、合格したのですが、我が家は入学金を納め(てくれ)ませんでした!万一、落ちてたら僕の学歴は「中卒」でした。「教育方針!」というやつでしょうが、乱暴な時代でした。笑

    ◆高校時代
    半田に受かり大満足で、目標観を喪失。部活とテレビ漬けの毎日。追試は少なくとも2回受けました。私立高校に行かせない家ですから、私立大学など望むべくもありません。名工大をただ一校受験し、妥当にも不合格でした!笑
    私立高校の入学金を納めなかった親に、「浪人させてください」とガチで土下座。宅浪も覚悟しましたが、人並みに河合塾に通わせてくれました。感謝

    ◆予備校~大学卒業
    よって浪人時代はプレッシャー大!その表れか、「お決まりの悪夢」をよく見ました。~共通一次試験(今の共通テスト)だけで必要な<世界史>に、全く手を付けぬまま受験直前の12月となり、パニクって目が覚める~そういう夢でした。
    頑張りましたが能力不足か、名大不合格。名市大へ。大学時代はバブル景気。人並みに遊び呆けつつも4年で卒業。就活は超・売り手市場で苦労知らずでした。

    ◆前職時代①
    就職先はトヨタグループのアイシン精機(現、アイシン)。10年間、勤めました。この10年間は、その後の職業人生を大きく決めました。「改善/カイゼン」、「問題解決」が職業スキルの根幹となりました。
    アイシンを辞め(=脱サラして)、夢を持って保険セールスの世界へ飛び込みました。3年続けましたが、あまり売れず、夢破れ撤退しました。営業は今でも下手ですね。苦笑

    ◆前職時代②
    中小企業診断士の資格取得に打ち込むため、丸一年、転職浪人しました(また浪人するとは!)。幸運にも経営コンサルタント(中小企業診断士)は10年間続けられました。この10年間は、顧問先中小企業の「問題解決」だけと向き合った時間でした。
    ただ、一年目は仕事がなかなかもらえなく、売れない芸人みたくバイトもいろいろしましたよ(またバイトするとは!)。変わったところで、国道23号の陸橋部の裏側のヒビ割れ点検とか(怖かったぁ)。デパートの深夜の棚卸とか。面談時など、どうぞ、遠慮なくその話を振ってください!経験したことはなんでもお話ししますので!笑

    「トヨタ式カイゼン」を指導に活かしています

    「教室長の来歴」に紹介してますとおり、私(教室長)の職業能力の背景には「トヨタ式カイゼン」があります。

    ◆「トヨタ式カイゼン」とは
    トヨタやトヨタ系ではもちろん、組織の全員で、年がら年中、問題点を探し解決を図っていってます。あれはほとんど“職業病”ですね。笑。世界一にもなるわけです。

    ◆「カイゼン=問題解決」の構図
    カイゼンとは、「問題(点)」を「解決」して、より良くすることです。そこでのカギは「問題(点)」を起している“最も重要な原因” =「真因」を見つけ出すことです。真因が分かれば、それを排除するなり、取り換えるなり、適切な処置をすることで、「問題(点)」は解決に向かいます。

    ◆成績アップにも「問題点(=弱点)」の「真因」探しが重要
    学習上の「問題点(=弱点)」は、「出来ていない事、解らない事」です。そこには何か重大な原因、「真因」があります。そこをピンポイントに攻めることで、効率的に成績アップが図れます

    ◆だから成果が上がるのです!
    当教室では、「トヨタ式カイゼン=問題解決」に通じた教室長が、そのスキルと経験を活かして、生徒一人一人の「問題点(=弱点)」とその「真因」を見極め、指導方針を立てていきます。「真因」を踏まえた適切な演習・解説を繰り返すことで、理解」が進み、「自分で出来るようになり、定着していきます。だから成果が上がるのです!

    塾選びの観点

    【集団塾か、個別指導塾か?】
    まずは、合っているのは、集団塾か個別指導塾か?の検討です。中学生を想定して言えば、上位者(内申35点以上)で、かつ向上心競争心が強ければ集団塾合っています。一定以上の「理解力」があるので一方的な講義でも大丈夫ですし、競争環境が本人のやる気を促進するためです。

    逆に、中・下位者(内申30点以下)では集団塾合いません。一方的に授業が進むので、学校で理解できない事は塾でも理解できません。上位者あっても、学業向上に目覚めていない人は、成績は伸びません
    こうした人たちにも、成績向上のチャンスがあり得る塾が個別指導です

    【個別指導塾の中ではどう選ぶ?】
    では、個別指導塾の中ではどういう観点で選んだらいいのか?です。
    それは、塾長・教室長の、①人間性であり、②マネジメント能力であり、③問題解決能力です。

    ◆人間性
    個別指導塾では、講師は大学生アルバイトです。彼らに最大の善意と誠実をもって生徒に向き合ってもらうには、彼らを束ねる塾長・教室長が、善き大人・社会人でなくてはなりません。尊敬できない大人の下で、どうして一生懸命働けるでしょうか!?
    ◆マネジメント能力
    善人であるだけでは、成績の向上は図れません。マネジメント能力によって、指導の方針・方向性が決まります。各講師が実施する一回一回の授業の質もそうです。各講師の向上心・改善意欲もしかりです。
    ◆問題解決能力
    最後の決め手が、専門スキルである問題解決能力です。これについては、上の「トヨタ式カイゼンを指導に活かしています」のとおりです。

    補足高校生の塾選び】
    映像授業か、個別指導
    高校生が通える集団塾は河合塾などに限られます。よって実質的な選択肢は、映像授業か個別指導か、になります。映像授業と個別指導のどちらが合うのか、は、集団塾か個別指導塾か、と同じ構図です。
    つまり、高校で上位にいて、かつ向上心が強ければ、映像授業で向上していけるでしょう。高校での中・下位者が映像授業で成績を上げていくには、余程の「自力・地力」が必要です。

    ◆個別指導でなければ成績の伸びない人
    ほとんどの中・下位者が抱える問題点は、学習以前にモチベーションです。こうした状態の人には、寄り添ってくれる「担当講師」のいる個別指導が合っています。
    少しだけ年の離れた大学生講師とは話も合いやすく、2~3か月も通ううちに気心知れた関係が築けます。質問することに怖気がある生徒でも、どんどん質問ができるようになり、一つ一つ「解らない」をつぶしていけます。こうして成績向上の可能性が大きくなっていきます。

  • 夏期講習の“とある日”の授業風景。奥のブースの生徒は自習しています

    今日も中高生で満席の自習専用机!独立机ですので、集中し易いようです

    生徒の憩いスペース<その1>。小腹を満たすための飲食はここで。奥は面談室

    「ひとりひとりを大切に」 生徒一人一人、抱える問題も課題も異なります

    この教室を支えてくれている学生講師たち(一部)。左端のオジサンが教室長です笑

    高校合格一覧。進学先のみ掲示(公立第二志望や私立の合格先は含まず)。

    大学合格一覧。進学先のみ掲示(合格先はこの3~4倍あり)。

    最終授業後、高3女子三人vs講師一人。質問(数学A)を受け対応中。ご苦労さま

    中1数学。講師は文字式の計算のポイントをまとめて提示してあげていました

    中1理科。講師は葉のつくりを説明するため、リアルな葉っぱの絵を描いてました

    20年5月の学校臨時休校中、ZOOMを活用し個別指導をしていました!

    南加木屋駅から徒歩1分!県道(半田街道)駅前交差点から南へ80m!

  • ひとりひとりの学力や情況に応じた、「講師:生徒=1:2」の個別指導

    【方針】
    学力や性格的な個性はもちろん、学習上の癖といった個性まで見極め、きめ細かい指導を心掛け実践してきています。

    【システム】
    ・週1コマ(回)で通われる場合には、何か1教科(例えば、英語)を決めて、それを継続的に受講していくスタイルです。
    (月単位で教科を変更していただく事はシステム的には可能です)
    ・週2コマ(回)であれば、何か2教科(例えば、英語と数学)を決めて、ということになります。
    ・もちろん、週2コマ(回)とも同一教科にする事も、もちろんできます。
    ・英語でつまづいている場合は、週2コマ(回)英語を受講いただく事が有効です。この場合、片方のコマ(回)は学校授業に関係なく、「基礎の固め直し」に特化していきます。

    【成果(保護者の声)】
     右の画像は、過去に新聞折込したチラシから画像編集したものです。

    高校生

    【学年別での授業形式】
    1年生:基本的に学校授業のフォローをしていく補習授業です。

    2年生:教科によって異なりますが、英語では2年生二学期の後半からは「受験対策カリキュラム」で運営します。

    3年生:理系の数学Ⅲと理科(物・化・生)については教科書をやり終えるまでは学校授業のフォローをします。他は基本的に4月初めから「受験対策カリキュラム」で運営します。

    【受験・進路指導(戦略・計画)】
    高3生では、戦略と計画がとりわけ重要になります。早期に受験大学・学部を決めて、必要な科目にエネルギーを集中投下することです。
    「将来何がやりたいか分からないから決められない」などと言って場合ではありませんよ。笑「いったんでいいから強引にでも決めよう!」と指導します。
    とにかく大学受験生には時間が命です!一分一秒、とは言いませんが、ムダに費やす時間は一時間でも減らしましょう!

    【受験対策(教科別強化)】
    高3生では、本人の状況に合わせ、学校フォロー(補習)か受験対策(総復習)かを分けていきます。また12月からの入試直前講習で実力をグーンっと伸ばしていってもらってます。過去問のタイムトライアルや赤本演習も当然行います。

    【成果】
    「大学合格者の声」のページを参照ください。画像は、過去に新聞折込したチラシから画像編集したものです。

    中学生

    【学力別での授業形式】
    成績上位者:基本的には予習授業となりますが、一人一人の情況や希望に応じていきます。
    下位~中位:基本的に復習授業となります。

    【受験・進路指導(戦略・計画)】
    中3生では、「内申(通知表の点)は、目標点から逆算して算出される必要な点を、どの教科を上げて(どの教科は維持して)稼ぐのか」「つまり内申は自分の意思でmake(メイク)するものだ」という考え方から指導します。
    成り行きの努力では大きな成果は上がりませんし、漫然と全教科(5教科なり9教科なり)に向かっていくのも賢いやり方ではありません。

    【受験対策(教科別強化)】
    中3生では、当たり前ですが、内申(定期テスト)対策と本番対策(実力養成)の二方面作戦となります。
    学校の動いている平時は、内申(定期テスト)対策に全力を注ぎ、夏休み、および12月から2月の直前期は、本番対策(実力養成)に集中します。

    【成果】
    「高校合格者の声」のページを参照ください。画像は、過去に新聞折込したチラシから画像編集したものです。

    小学生

    【楽しさ】
    何より、「勉強することを楽しく感じてもらう」を重視して授業運営します。
    具体的には「100マス計算」「イラスト間違い探し」「一筆書きチャレンジ」など、さまざまな脳トレ・メニューを随時採り入れ、「塾って楽しい」と思えるように努めていきます。
    【基本学習】
    中学生、高校生でもなるべくそうしていっていますが、当該学年よりも以前の部分でのつまづきが見つかれば、いったんそこまで戻ります。そして、そのつまづきを克服する作業をより大切にしていきます。

  • 永井先生(元講師/大学1年生の4月~大学卒業まで勤務)

    京進スクール・ワン南加木屋駅前教室は、個別指導の塾ということで、講師が生徒11人の得意・不得意に合わせて学習方法を考え、効率よく学習することができる塾です!僕も高3の時にこの教室に通い、苦手を克服し得意を伸ばし第一志望の学校に合格することができました。この塾の講師や塾長はみんなフレンドリーで、勉強面だけでなく、日常生活、学校生活の事までなんでも相談に乗ってくれる優しい人ばかりです!高校3年生当時の僕自身もそうでしたが、塾に通い始める前は緊張したり勇気がいると思います。体験だけでもいいので少し勇気を出して、この教室へ来てみてください。きっとこの教室が気にいると思います!

    中西先生(元講師/大学1年生の5月~大学卒業まで勤務)

    本教室では、個別指導ということもあり、生徒ひとりひとりに合った授業を講師の先生が考えてくれます。学校の授業が分からなくなってきた…という時にじっくり復習したり、逆に学校の先取りで予習を進めたり、何を勉強したらいいのか分からない!という時には勉強法から優しく教えます◎勉強だけでなく、学校の話や好きなものの話、進路の悩み、そのほかの悩みなど、どんなことでも気軽に話せる先生ばかりです!授業の合間には(授業中もたまに笑)先生と生徒の笑い声が教室に響いています(^O^)塾に怖いイメージや不安なイメージを抱いていませんか?そんな方こそぜひ入塾して、楽しく勉強できる環境を作ってみてください♪

    伊藤先生(元講師/大学1年生の5月~大学卒業まで勤務)

    京進スクール・ワン南加木屋駅前教室では、生徒1人1人に合わせた指導を行うことを大切にしています。どれだけ勉強しても、思うように点数が上がらないという生徒を何人も見てきました。そのような生徒の多くは、問題集で手を動かして「勉強したつもり」に、講師の解説を聞いて「わかったつもり」になっていました。京進では、生徒とコミュニケーションを取りながら、理解度の把握、間違いの分析をし、生徒のレベルに合った問題選び、1人1人に合った勉強方法の確立を目指しています。そして、生徒が「わかる」まで、自力で「できる」ようになるまで、粘り強く指導していきます。京進で自分に合った勉強の仕方を身に付けましょう!

    林先生(元講師/大学1年生の1月~大学卒業時まで勤務)

    南加木屋駅前教室は、講師と塾生の距離がとても近いです。講師は気さくな人ばかりなので質問もしやすく、勉強以外(学校生活な)どの相談も気楽にできるような雰囲気が漂っています。講師といろんな話をする中で勉強はもちろんのこと、勉強以外のこともいろいろなことが知れると思います!僕は小学生から高校生まで幅広い塾生を担当してきましたが、受け持った塾生全員と仲良くなれたと(少なくとも僕は笑)思っています!「塾で勉強するなんて嫌だなあ」と思っている人、一度来てみてください。きっと、勉強を教えてくれて、いろんな話ができる“いとこのお兄さん・お姉さん”ができたような感覚で、「また行きたいなあ」と塾に行くのが楽しみになると思います!

  • 高校合格を果たされた生徒さんとその親御さんに、教室の紹介文・推薦文を直筆で書いてもらっています。
    ここでは二組の合格者とその親御さんの分を、活字に起こし紹介します。
    すべての紹介文・推薦文の冊子を送らせていただきますので、どうぞ資料請求まで。

    千種高校 合格

    生徒さんからの教室紹介文】
    もともと集団塾に通っていたのですが、自分には合わないと思い個別塾であるここに入りました。
    自分のにがてな教科だけを受けられるところが良いと思いました。

    とてもアットホームな雰囲気で、わからないところがあれば授業が終わってからでもおそくまで付き合って教えてくれたり、勉強以外でも、悩みごとの想談にのってくれたりしてくれて、とても助かりました。

    1人1人に合った授業内容を考えてくれ私は数学で計算ミスが多かったので、毎回授業のはじめに対策のプリントを作ってくれて、それをやっていました。
    おかげで最後にはほぼ計算ミスをすることはなくなりました。

    毎回塾へ行くのが楽しみで、帰りたくないぐらい楽しかったです。
    この塾のおかげでたくさんのステキな友達や先生方との出会いがありました。

    その親御さんからの教室推薦文】
    京進に通い、見事公立の志望校に合格しました!
    娘は中学に入りまず、佐鳴に通いました。授業のやり方、ツールなど前衛的で集団授業は競争意識が高まると思い、本人も納得して通い始めましたが、中二の夏に突然辞めたいと言い出しました。話を聞いてみると、レベル的についていけない訳ではなく質問、疑問がその場で解決できずにカリキュラムに乗ってそのまま進んでしまうとの事でした。

    本人は「個別指導の塾がいい」という事で自宅周辺の個別指導塾を何件か回り京進に決めました。ちなみに塾代は倍になりました
    しかし、入塾後の2学期の数学の内申点がいきなり3→5という快挙も成し遂げました!

    京進の先生は現役の大学生です。今だから言いますが、正直集団塾のプロの先生の方がスキルが上なのでは?と思っていましたが、世代も近く勉強法はもちろんのこと高校や大学の事など情報も新しく本人も良い刺激を受けていることがわかりました。

    いよいよ高校受験が始まったとある日に先生から手紙をもらってきました。内容は詳しく知りませんが、「塾で教えられる時間はわずかしかなく、自宅での努力が大切」といった内容だと思われますが、その内容に深く感銘を受けたようで、それ以降今まで以上本当に取り憑かれたように勉強に励んでいました。

    どんなにシステムが素晴らしい塾であっても、最後は教える先生と教えられる生徒の努力と気づきに尽きると思いいます。その意味で京進に通い、良い先生とそれを束ねる室長に出会えて志望校に合格できた事に本当に感謝しています。


    阿久比高校 合格

    生徒さんからの教室紹介文】
    私が入塾したのは、姉がすでに入っていたので入塾を決めました。
    入塾した時は、英語の単語を一から覚えました。何とか覚えさせようと、先生達が一生懸命に覚える方法を考えてくれました。

    英語は学校の授業に合わせて進めていき、数学も同じく学校の分からないところを最初に教えてもらって、リープなどの自分が普段進めている教材でも何でも教えてくれくれます。
    また、定期テストが近くなると、テスト前にたくさん授業を入れて、テストに挑みます。

    受験が近くなると、土日の午前か午後に、受験のように時間を計って過去問を解きました。その後、講師の先生から解説をたっぷりしてもらえます。受験前の不安や悩みも全部きいてもらえます

    教室は先生が解説してくださる声と生徒の声があり、明るい雰囲気です。しかし、生徒全員が問題を解き始めると、静かになって、集中することができます。

    私の講師の先生は、3年間ずっと変わらず、サポートしてくださいました。3年間もやってもらうと、私の苦手なところをすぐ分かってくれて、その苦手なところに合った問題を用意してくれます。また、分からない問題も一緒になって考えてくれます。テストが良かったら、一緒に喜んでくれます。そして、毎回出入口までお見送りしてくれます。生徒思いな先生ばかりです

    その親御さんからの教室推薦文】 

    中1から通いはじめ、数学と英語を週一で受講しました。

    約3年間、数学の先生、英語の先生とも変わらず受け持って頂きました。
    先生方も子供の性格や教科の弱点などをよく知っておりそれに合わせて授業を進めてくれたので、とても安心して通塾させることが出来ました。宿題も一人一人に合った問題を集めてプリントにしてくれたりして丁寧に見て頂けます。
    また定期テストや受験の時などは、他の教科に変更したり1問だけ他の教科の問題を教えてもらうとか、その時に合った授業をしてもらえます。

    そのように臨機応変に対応して頂ける所が、とても助かりました。この京進スクール・ワンさんのすばらしいところだと思います。

  • 大学合格を果たされた生徒さんとその親御さんに、教室の紹介文・推薦文を直筆で書いてもらっています。
    ここではごく一部ですが、以下の4例を活字に起こし紹介します。
    ・東海南高校 → 愛知教育大学(教育)
    ・阿久比高校 → 名城大学(都市情報)
    ・阿久比高校 → 名城大学(経営)
    ・東海南高校 → 日本赤十字豊田看護大学(看護)
    すべての紹介文・推薦文の冊子を送らせていただきますので、どうぞ資料請求まで。

    愛知教育大学・教育学部 合格(東海南高校出身)

    生徒さんからの教室紹介文】

    高校3年生の頃、夏季講習を経て入塾しました。この頃には、志望大学は定まっていましたが、普段のテストや模試でも数学が足を引っ張っており、塾に通うことに決めました。

    私は、夏季講習・通常授業ともに数学を受講しました。先生と話し合い、数学の中でも特に苦手な単元をピックアップして授業をしてもらいました。

    先生1:生徒2(もしくは1)という授業形態なので、分からないところがあればすぐに質問することができ基本に戻って指導してくださるので着実に実力になると感じます。
    また、先生によっては復習を兼ねた小テストを次回の授業でやってくださることもあり、一回の授業でやりっぱなしで終わることなく、しっかり復習まですることができるので良いなと思います。

    また、数学だけでなくセンター試験前には理科や英語等も見ていただき、そのときに合わせた追加授業も提案してくださいます。
    進路指導については、何回か塾長と自分と親との懇談があり、困ったことがあれば相談できます。先生たちのほとんどが大学生なので、先生たちの受験勉強の仕方だったり、実際の大学生活の様子だったりを聞くことができるので積極的に話してみると良いと思います。

    私は、家だと気が散ってほとんど勉強しなかったので、学校帰りは毎日塾に寄って勉強しました。休日も土曜日が開いていることがあるので、学校の土曜学習会がない日には塾にきていました。
    授業外にも生徒の質問に時間を割いてくださる先生だったり、自分の他に頑張っている子がたくさんいたりして自分も頑張ろう!と思えるような教室の雰囲気になっているので、私と同じように家では集中できないタイプであれば塾を活用することをオススメします。

    半年ほどの通塾でしたが、本当に濃い時間でした。無事、第一志望にも合格でき、京進に通って良かったと思います。

    名城大学・都市情報学部 合格(阿久比高校出身)

    生徒さんからの教室紹介文】
    高校2の2月に入塾しました。高校入学時から集団授業の形式で通っていた塾があったのですが、全て映像授業に切り替わったため、京進で個別授業を受けることにしました。

    私は、英語、数学、古典の授業を取っていました。また受験の直前には受講していたコマを全て英語の授業に変更していました。教科の変更にはすぐに対応していただけるので、集団授業の塾と差別化できる点だと思います。

    進路の相談は大きな助けにまりました。私は進級時に理系のクラスを選択したのですが、得意科目が国語だったこともあり、文転」という選択をしました。この様な大きな決断を下すことができたのは、進路相談の場での塾長の後押しがあったおかげだと思っています。

    授業の雰囲気は堅苦しい感じがなく、和気あいあいとしています。内容も、先生が生徒の進捗に合わせてくれるので、問題の難易度が上がっても付いていけなくなるようなことはありません。質問には授業時間外でもしっかり対応してもらえます

    学校の授業は積み重ねなので一度分からなくなると、なかなか自分一人では追いつけません。塾はそういった問題を解決する有効な手段だと思います。自分に合ったスタイルを確立するために、一度試してみるといいかもしれません。

    その親御さんからの教室推薦文】

    2年の終わりに入塾しました。以前は集団/映像方式の塾に通っていたが、学習取組み姿勢に改善が見られず、個別方式の京進スクール・ワンへの変更を決めました。

    <良かった点>
    ①勉強姿勢の確立:
    毎回の小テストや声掛けにより学習のリズムを作っていただいた。
    ②本人に合ったプログラム:
    進捗に合わせ随時見直していただけた。
    ③定期報告:
    毎回の授業結果は講師により丁寧に記録され定期的に郵送いただけたので、状況が把握できた。
    (本人はあまりしゃべらないタイプのため)
    ④定期面談:
    定期的な三者面談の機会には、苅谷塾長より、学校の面談とはことなり実際の受験に役立つアドバイスをいただけました。

    我が家の場合、定期面談時のアドバイスに基づき、3年の夏前に理系から私立文系に変更し、かつ受験科目を絞り込んだことが、その後の学習意欲の向上と受験合格につながりました。

    面談に教室に伺うと講師の方からいつも大きな声で挨拶をいただきました。丁寧な授業の記録も含め、苅谷塾長がしっかりと教育されていると感じました。

    1年弱の短い間でしたが、講師の皆さま、苅谷塾長には大変お世話になり、深く感謝申し上げます。

    名城大学・経営学部 合格(阿久比高校出身)
    生徒さんからの教室紹介文】
    私は一般入試に向けて高2の3月から入塾しました。
    学校の私のクラスでは塾に通っている子が多かったので、私は焦りを感じ、塾に入ろうと決めました。そんな中、京進に通っていた妹から京進をすすめてくれたので入塾しました。また駅から近いという点も決め手でした。

    好きな教科である英語をもっと伸ばしたい、苦手意識があった国語で点数をとれるようにしたい、という思いからその2教科を受講しました。
    英語のコマでは、受験でよく出題される文法を学んだり、決められた時間内に終わらせるといった長文演習を繰り返したりしました。そのおかげで文法の問題での誤答が減り、長文もすばやく頭の中で整理できるようになりました。
    国語のコマでは主に評論の分野を中心に問題演習をしました。文章の内容を簡単な構図(マンガ絵)にしてみる、という訓練を繰り返していくことで、筆者の伝えたいことが明快になり、徐々にコツをつかんでいきました。

    教え方がとても丁寧で、苦手なところをしっかり見つけてくれる先生方からのアドバイスはとても心強かったです。
    話しやすく、親身になって自分のわからないところを理解してくれた先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。

    雰囲気が明るく、素敵な先生が沢山いるこの塾に通うことができて、本当に良かったです。

    【その親御さんからの教室推薦文】
    高校1、2年の時には塾には通わず、大学受験について漠然としていましたが、高2の終わり頃、塾に行きたい、と希望。
    中学生の妹が先に京進に通っていて、塾の雰囲気が何となくわかっていたこと、駅に近く学校帰りに寄れることを考え京進に入りました。
    気が付けば大学受験モードにスイッチが入っていた娘でした。

    講師の先生方の指導も分かりやすく、話もしやすく、京進が娘に合っていると思うまでそれほど時間はかかりませんでした。

    途中、模試の結果がふるわず、何度も気持ちが沈んだ姿を見ましたが、最後まであきらめずに頑張ることができました。
    志望大学に合格できたのは、塾で一生懸命勉強ができたからだと思います。
    受験前の先生の励ましも大きな支えになりました。ありがとうございました。

    日本赤十字豊田看護大学・看護学部 合格(東海南高校出身)

    生徒さんからの教室紹介文】
    ・入塾経緯
    高2の1月から入塾しました。中学のとき集団塾に通っていましたが、自分がわかるまで質問ぜめすることができなかったので、高校は個別塾にしようと考えました。
    ・受講内容
    自分がわからない教科を受講すれば良いと思います。私は、中学英語、高校英語、化学基礎、現代文をお願いしました。英語が苦手だったので高校英語を週2で受けていたこともあります。
    ・進路指導
    行きたい学校は自分で決めたので、あまり進路相談はしませんでした。ですが、授業前に将来について話したり、聞いてくれたりするので相談しやすいと思います。また、懇談会があるので話し合いを塾長先生と保護者と自分で話し合いもできます。
    ・教室の雰囲気
    先生が教えてくださる声や、生徒の質問の声があるのでにぎやかです。教室にいる全員が問題を解きおしゃべりしてないと静かになります。私はこの現象がおもしろくて最初にしゃべりだしてしまいます(笑)。自習できるスペースもあります。授業がない日でも塾に行き自習してました。
    ・講師
    大学生の先生なのでお兄ちゃん、お姉ちゃんみたいな感じです。わからないところをわかるまで教えてくださります。人見知りの子でも大丈夫です!私は人と話すことが得意ではありませんが、仲良くなれたと感じています。
    ・塾長
    わかるまでとことん教えてくださいます。入試を受ける学校の過去問を見ると、どういう傾向の問題がでるか予測してくださいます。また私の受ける大学の小論文は健康白書から出ていることを見つけて、今年度の健康白書を印刷してくださいました。とても助かりました。
    ・友だち
    生徒2人、先生1人の授業形態で、ペアの子と仲良くなれました。同い年の子とも、仲良くなれました。


    その親御さんからの教室推薦文】

    大学受験を見据えて高校2年生の1月から通塾しました。

    入塾前は、一斉授業の塾、映像授業の塾、京進と体験をし、京進を選択しました。本音を言うと、一斉授業の塾、映像授業の塾の方が大学入試についての情報を持っているように感じたので、本人が京進に通いたいと言ったときは少し心配でした。

    本人は以前、高校受験に向けて集団塾に通っていた時に、疑問に思った時に聞けないこと、自分のレベルに合わないことがあり、それなら個別で教えてもらった方が身につくと京進でお世話になることを決めたようです。

    結果論かもしれませんが、本人の実力が伸びなければ意味がないので、今となっては京進を選択して本当によかったと思っています。

  • 教室の特長
  • フォトギャラリー
  • 開講コース
  • 職員紹介
  • 高校合格者の声
  • 大学合格者の声

まずはお気軽に校舎までお問合わせ下さい!

京進スクール・ワン 南加木屋駅前教室

ミナミカギヤエキマエキョウシツ

その他校舎を探す

EVENT & CAMPAIGN京進スクール・ワンのイベント・キャンペーン情報をご案内します。

教室検索トップへ戻る

ご希望の教室へお気軽にお問合せください!

体験授業
教室見学
資料請求
幼児教育|幼児・小学生〜社会人|京進ぷれわん クラス指導(小・中学生)|小学生・中学生|京進小中部 クラス指導(高校生)|高校生|京進高校部 個別指導|小学生・中学生・高校生|京進スクール・ワン 英会話|幼児小学生・中高生・社会人|ユニバーサルキャンパス 京進e予備校@will|アットウィル Net学習e-DES|イーデス

京進