沖縄県の保育学生によるユニークな作品が多数応募 「手作りおもちゃ」コンテスト最終選考12チームが決定! HOPPAS手作りおもちゃコンテスト 一般投票開始 9月28日(火)より一般ネット投票を全国から募集開始

株式会社京進が運営する、沖縄県内の保育士資格の取得から就職・転職までをトータルに支援する「沖縄保育士キャリアデザインセンター HOPPAS(ホッパス)キャリアデザイン」が主催していた「HOPPAS 手作りおもちゃコンテスト」最終選考12チームの作品の中から、一般のご家庭を中心に全国からのインターネットによる投票を9月28日(火)より開始しました。

「HOPPAS手作りおもちゃコンテスト」は、沖縄県内の保育学科在籍の学生・生徒を対象に、2021年6月より行っているコンテストです。9月12日までのエントリー期間に作品を提出したエントリー数は21チーム73名。一般の方からの投票で、特別賞である「どきどきわくわく賞」を決定します。当初は最終10チームを選考の予定でしたが、魅力あるおもちゃが数多く届き、急きょ12チームに増やしました。

このコンテストは、保育士を目指して沖縄県で学ぶ学生・生徒の手による、既存の枠にとらわれないユニークな手作りおもちゃを通じて、保育環境に新しい発見や気づきにつながるアイディアと出会うことを目的としています。保育学生・生徒ならではの新しい発想で、遊びの中から学習できる知育を取り入れた作品や、ケガや誤飲などがないよう安全面に考慮した作品、育つ様子や色・形などにも関心が持てる食育を意識した作品など、子どもたちが手作りおもちゃを心躍らせて遊ぶ様子が目に浮かぶような素敵なエントリー作品が数多く届きました。受賞作品を広く公開することで、保育現場だけでなく一般のご家庭でも参考にした手作りおもちゃを楽しんでいただけると考えています。

新型コロナウイルス感染拡大で沖縄県は厳しい状況が続きました。そんな中でも、学生・生徒たちは授業や実習スケジュールとコンテスト準備の調整にも工夫を重ね、感染に気をつけながら協力しあって製作してきました。「仲の良い仲間と大好きな手作りでの作品制作ができて楽しかった」といった声も聞かれ、また多くの学校から「校外で発表の場が持てる機会は貴重」と本コンテストを広く勧めていただきました。本日より公開した投票ページで、学生・生徒たちの熱意と意欲の工夫に溢れる作品をぜひご覧ください。子どもを持つご家庭や保育業務に関わる方、また保育士を志す方など、全国の皆さまからの投票をお待ちしています。審査結果は、11月4(木)にホームページで発表いたします。

    

   

   

沖縄県子ども生活福祉部が発表した「各市町村別保育所入所待機児童数」によれば、2021年4月1日時点の沖縄県の待機児童数は564人(前年度の1,365人から801人減、減り幅58.7%過去最大)。6年連続減少と大幅に改善していますが、沖縄県の保育士不足は依然として高い水準にあります。厚生労働省発表の2021年7月時点での保育士の有効求人倍率、全国平均2.29に対し沖縄県はそれを大きく上回る3.28となっており(厚生労働省「職業安定業務統計」令和3年7月より)、保育士を求める声の高さがわかります。

今後も京進グループは、保育士を志す全国の保育学生に向けて資格取得へのモチベーションアップになるようなイベントを実施し、いずれの都道府県においても、子どもを育てやすい社会、子どもたちにとっての明るい未来を育むよう努めてまいります。

 

【手作りおもちゃコンテスト どきどきわくわく賞 投票ページ】
以下の投票ページにて、12チームのおもちゃが動画で紹介されています。

https://www.kyoshin.co.jp/event/detail/467280/

「どきどきわくわく」する作品1~3位を選んで、「作品に投票する!」より投票してください。
投票は1人1回(お子さまの投票は保護者の代理で結構です)でお願いします。

【審査概要】
■審査スケジュール:

最終選考 ①一般によるネット投票:9月28日(火)~10月12日(火)
②審査員による直接審査:10月1日(金)~21日(木)
各賞決定
結果発表 11月4日(木)HOPPASホームページにて発表
表彰式 11月14日(日)10:30 HOPPAS事務所にて予定

■賞、および副賞:
・最優秀作品賞1チーム/100,000円
・優秀賞作品賞2チーム/ 50,000円
・ミキトニー賞1チーム/30,000円
・どきどきわくわく賞1チーム/30,000円
最終選考チーム(受賞チーム以外)には、各チーム人数分のAmazonギフトカード1,000円
※最多得票の作品を『どきどきわくわく賞』としますが、当該作品が他賞受賞の場合はその作品を除いた最多得票の作品を受賞作品とさせていただきます。

 

【「HOPPAS手作りおもちゃコンテスト」概要】
■応募資格:沖縄県内の保育学科在籍の学生・生徒(大学・短大・専修学校)
■参加、および作品応募条件:
・2名以上のチームにて参加。1辺50㎝以内の3辺合計150㎝以内の作品のオリジナルのおもちゃ作品
・1才~3才の子どもがわくわくドキドキ楽しめる<手作りおもちゃ>作品であること
■参加費:無料
■応募受付期間:2021年6月13日(日)~9月12日(日)
■参加総数:作品エントリー21チーム(73名)
■審査基準:おもちゃを見た・使った子どもたちが<わくわくドキドキするよう手作りなおもちゃ>であるかを重視します。その他、安全性や独創性も見て総合的に審査

■審査員:
○審査委員長
上坊孝次(株式会社京進取締役本部長)
○審査員
阿嘉よね子(特定非営利活動法人全国認定こども園協会 沖縄県支部代表、社会福祉法人温和会 理事長)
仲地賢(沖縄県私立保育連盟 会長、社会福祉法人真正福祉会 理事長)
安座間葉子(日本保育協会 沖縄支部 支部長、みどり葉福祉会 理事)

○特別審査員
糸数美樹(タレント 愛称:ミキトニー)
沖縄を拠点にテレビ・ラジオ番組や企業CM出演、イベント司会など幅広く活動中。
昨年夏に第一子を出産し、現在子育て真っ最中!

 

 

【沖縄保育士キャリアデザインセンター HOPPASキャリアデザイン】について

https://hoppas.careers/

 

全国的にも、待機児童や保育士不足などの問題が顕著であった沖縄県において、保育園運営・キャリア支援事業などの実績の中で培った様々なノウハウを、問題の解決に寄与したいと考え、京進グループが2019年11月に那覇市に開設。沖縄県内の保育士や保育士を目指す方を対象に、保育士の就職や転職・就職相談の支援、資格取得のための学習コンテンツや学習スペースの提供、その他セミナーや座談会といった各種イベント開催など、保育士の育成から就職までを地域密着でトータルに支援しています。「Kyoshin ECEグループ」による保育園の運営、保育士試験対策のWEB教育「これから保育士」、保育の採用・就職・転職支援サービス「HOPPAS」と「ホイクルージョブ」など各種サービスを中心に、乳幼児の成長に寄与すると同時に、HOPPASはこれからも沖縄の保育に関わる環境の向上と、保育士を目指す学生・生徒や社会人を応援したいと考えています。